シミュレーションゴルフの今

2015.12.21

人気プロもこぞってゴルフバン経営!代表格のイ・ボミ選手店舗に迫る

韓国でも日本でも絶大な人気を持つ女子プロゴルファー、イ・ボミ選手。同選手の家族が経営するゴルフバンがあるということで、ソウルから南35kmに位置する新興都市、スウォン市(水原市)に向かいました。住所の近くまで来ると、計画的に作られたことを感じさせる街並みの中、壁面に大きなイ・ボミのパネルが飾られているビルがあり、すぐに目指すお店だとわかりました。

人気プロもこぞってゴルフバン経営!イ・ボミ選手店舗

入り口に足を踏み入れれば、店内の通路両脇の壁にもイ・ボミの写真パネルがたくさん。そして奥には、なんとイ・ボミがこれまで獲得した優勝カップ、トロフィー、盾、それにプレー中に着用していたウェア、キャップなどが飾られた「イ・ボミ コーナー」を発見!お店の運営スタッフの1人である、イ・ボミのお義兄さん(お姉さんのご主人)であるムンさんにお話が聞けたので、その模様をお届けします。

人気プロもこぞってゴルフバン経営!イ・ボミ選手店舗

都市の活性化に貢献したいとオープン


―― スウォン市というエリアでゴルフバンを始めたのはどんな理由だったんでしょう?

ムンさん イ・ボミのおじいさんがもともとスウォン育ちなんです。それとスウォンはこれから新しく発展しようとしているエリアで、イ・ボミはスポーツ選手だから、都市の活性化に少しでも貢献できたらという気持ちもあってここに店を構えることにしました。オープンは2013年7月です。


―― イ・ボミ選手が獲得したカップなどがたくさん展示してあるのが印象的ですが、この展示コーナーも最初からあったんですか?

ムンさん いえ、このコーナーを作ったのは2ヵ月前なんですよ。もともと休憩室だったんですが、それほど利用率が高くなかったので何か作ろうと。ちょうどボミのお母さんが小さくてもいいから展示コーナーを作りたいと言っていて、じゃあ作ってみようかということになったんです。ファンの人たちからも優勝カップを見たいという声がありましたから。

人気プロもこぞってゴルフバン経営!イ・ボミ選手店舗

―― 優勝カップは全部ここにあるんですか?

ムンさん ええ、大体揃っているはずです。いくつかはイ・ボミの日本の家にあるかもしれませんが。


―― イ・ボミ選手のファンの方はよく来ますか?

ムンさん この近辺に住んでいるファンはもちろん来ますし、イ・ボミのファンクラブの方たちは全国に住んでいるので、ここに団体でやって来て、年に1回か2回、イ・ボミ選手とラウンドをしたり、忘年会をしたり、たまに貸し切りでイベントをすることもあります。


―― ファンの方たちがこのコーナーを見たらすごく喜ぶのでは?

ムンさん そうですね、前は休憩室だったので、たまにお客さんやスタッフが混じって雑談をするくらいだったんですが、このコーナーができてからはみんなたくさん写真を撮ったりして喜んでくれています。イ・ボミがプロデビューする前から応援してくれている人も大勢いますし、ファンと言うより家族みたいな、親しい関係です。

人気プロもこぞってゴルフバン経営!イ・ボミ選手店舗

日本からもファンがやって来た


―― このコーナーは、そういう家族的な雰囲気を作るためのスペースでもあるんですね。お店の近くには他にもシミュレーションゴルフをプレーできるお店はあるんでしょうか?

ムンさん この近辺ではここだけです。近くのフィットネスクラブにもシミュレーションゴルフが入っているという話を聞いたことはありますが、ゴルフバンはないですね。そこで今後、この同じビル内でフロアを広げて、もう少しお店を大きくしてみようかという計画も検討しています。特に夏や冬は予約でいっぱいで部屋が足りなくなるんです。


―― このエリアならではの特徴はありますか?

ムンさん スウォン市は近代的でおしゃれな街づくりを考えて作られた都市ということもあって、周囲には学校や新しいマンションが多いんです。そのためお客さんもファミリーが多いですね。小さいお子さんを連れていらっしゃることもよくあるので、ここで子供向けのレッスンなどもできないかとも考えています。近くにある大学のゴルフ部と連携して何かやるという企画は形になるかもしれません。


―― 街づくりに加わっていきたいという考えがあるんですね。

ムンさん ええ、イ・ボミのお店なので、店として利益を出すと言うよりは、まず地域に貢献したい気持ちが強いんです。小学校、中学校もあるので、学校との話し合いがうまくいけば、小学生のうちからゴルフを教えるなど何らかの形で貢献ができればと考えています。


―― イ・ボミ選手は韓国に戻った時はこちらによく立ち寄られるんですか?

ムンさん はい、休みの時にはスウォン市に来て、練習場に行った帰りにここに立ち寄ったりしますね。体を動かしたり、たまにここでボールを打ったりすることもありますよ。


―― 日本のファンもここを知っていたら来てみたいでしょうね。

ムンさん 一度、実際に日本のファンの方が訪ねていらっしゃいましたよ。韓国語は全く話せない方だったんですが、スマホに表示したマップをタクシーの運転手に見せていらっしゃったそうです。ラウンドはなさらなかったんですが、お店を見て、満足して帰られました。


―― なるほど、すでにお店のことを知っている日本のファンもいるんですね。本日はありがとうございました。

イ・ボミ選手の家族が経営するこのお店は、同選手のファン同士が家族のように交流する場となっているようです。そしてスウォン市という新しい都市にあることから、地域に貢献することも視野に入れているとのこと。少し大げさに言えば、イ・ボミ選手という求心力を得たことで、このゴルフバンが全国のファンと地域周辺の人たちという、2つの層の人々のコミュニティとして機能しているようでした。イ・ボミファンの方なら、機会があればぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

***

取材協力:
イボミスクリーンゴルフゾン