GOLFZON

TOPICS

ゴルファーが陥りやすいトップの原因と対策とは?

ボールの上部をクラブフェースの下部やソールで打ってしまうミスショット「トップ」。

初心者ゴルファーでも聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?

そんなトップは数あるゴルフのミスショットの中でもかなり厄介。

ゴルフ初心者だけに留まらず「いきなりトップが出て止まらなくなった」と、中上級者が悩まされることもしばしば。

今回はトップの原因から対策方法までわかりやすく解説します。

1 トップが出てしまう原因

トップの原因は至ってシンプル。大きく分けると下記の2点です。

1-1 インパクト時に前傾姿勢が崩れている

「ボールにヒットする位置でアドレスしていたにも関わらず、ボール上部を打ってしまう」なんてことありませんか?

そんな場合の多くは前傾姿勢の崩れが原因です。アドレスからインパクトするまでの間で、クラブとボールとの距離が離れてしまっていることが考えれます。

インパクト時に上体が起き上がってしまうと、アドレスで作ったせっかくの前傾姿勢が崩れてしまうのです。

ボールに合わせた位置に前傾姿勢でアドレスしたのに、インパクト時に上体が起き上がってしまうと、クラブヘッドの位置もボールより上がってしまいますよね。

するとクラブヘッドが正しい位置でボールまで届かずにボールの上部を打ち、トップになってしまいまうのです。

1-2 すくい打ちをしてしまっている

そもそもすくい打ちとはインパクト時にヘッドが最下点を迎え、上がり始めたところでボールを捉えるスイングのこと。

すくい打ちはスイング軌道の最下点を過ぎてからインパクトするため、ボールの上部を打ってしまうのです。

初心者ゴルファーの多くは「ボールを出来るだけ高く上げたい!」と意識しすぎるあまり、すくい打ちになってしまいがち。

一方ですくい打ちをしないように意識し過ぎてスイングの最下点でクラブヘッドが地面に当たってしまうと、ダフリを起こしてしまいます。

2 トップを出さないための対策方法

2-1 前傾姿勢を崩さないために

インパクト時の前傾姿勢の崩れを改善するためには、スイングの確認が大切。

アドレスの前傾姿勢を崩さずに軽くスイングし、クラブヘッドがインパクトの位置を通過しているかを確認してみましょう。ゴルフクラブがしっかりとアドレスの位置に戻せていればOK。ボールを的確にショットできます。

繰り返し確認してスイング時の前傾姿勢を安定させましょう。

また、無意識のうちにヘッドアップしていることが原因で前傾姿勢が崩れていることがあるため、頭の位置にも気をつけてください。

クラブが長いほど遠心力が強く働くため、上体が起き上がってトップしてしまいます。

フェアウェイウッドなどの長いクラブを使う場合は、特に前傾姿勢に気をつけましょう。

2-2 すくい打ちにならないために

すくい打ちにならないためのポイントは、ダウンブロースイングです。

タウンブロースイングとは、クラブヘッドが最下点を迎える前にインパクトを迎えるスイングのこと。

そんなダウンブロースイングを習得するとミスショットが出にくいのがポイント。そして最下点までの間にインパクトできればボールが上がるため、ライが悪くてもきれいにボールを捉えることができます。

ダウンブローでスイングをするためにはまず、アドレスでグリップエンドを少し左に傾けるように構えましょう。すると、自然とスイングの最下点がボールより少し左側にズレます。

すくい打ちを防ぎながらもしっかりとボールが上がり、バックスピンをかけつつ止まりやすいショットが打てるようになるのです。

まとめ


今回は多くのゴルファーを悩ませるミスショット「トップ」の原因と対策についてご紹介しました。

トップが出る原因は大きく分けて「インパクト時の前傾姿勢の崩れ」と「すくい打ち」の2つ。

一度出るとなかなか抜け出せなくなってしまいますよね。

前傾姿勢の崩れには「スイングの確認」すくい打ちには「ダウンブロースイングの習得」と、それぞれ適切な方法で対策してみましょう。

本記事を参考に、トップ改善に取り組んでみてくださいね!