シミュレーションゴルフの今

2015.12.24

シミュレーションゴルフのプロツアー「GTOUR」で初優勝! 「絶対に優勝したかった大会!両親にも大興奮で電話しました」

2015-16 WGTOUR Summer 第3戦
優勝者:チョン・ソナさん(25歳)

シミュレーションゴルフのプロツアー「GTOUR」で初優勝!

2015年8月9日と10日、女子のGTOURである「WGTOUR」Summer 第3戦の決勝大会が行われました。場所は韓国・大田(テジョン)にあるZOIMARU(ゾイマル)内、2フロアからなる大会用会場です。参加資格を持つ327名のツアープロやトップアマの頂点を決める大会。最終日はこれまでの大会で最多優勝回数を誇るチェ・イェジさんとチョンさんとが抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げる試合展開。18番ホールでチョンさんが追いついて両者通算10アンダーとなり、勝負の行方はサドンデスによるプレーオフへ。そして2番ホール、チョンさんは6メートルのバーディーパットを見事に沈めてこの大会、初優勝を決めました。試合後のまだ興奮冷めやらないところでチョンさんへのインタビューが実現したので、その模様をお届けします。


昨年、新人賞受賞、そして優勝へ


―― 優勝おめでとうございます。今の気持ちは?

チョンさん 絶対に優勝したかったので、優勝できてすごくうれしいです。両親と祖母に感謝の気持ちを伝えたいです。


―― GTOURにはいつから参加を?

チョンさん 2014年の最初からです。昨年は新人賞をいただきました。参加して1年未満の選手たちの中で順位が高い順にポイントがもらえて、その合計が一番高かったんです。


―― そして今回は優勝。今までの自身最高順位は?

チョンさん 4位です。


―― 今回、絶対に優勝したかったというのは?

チョンさん もちろん、毎回優勝したい気持ちはあるんですけど、それは漠然としたものでした。今回は本気で優勝を狙うつもりでスクリーンゴルフ(韓国ではシミュレーションゴルフのことを「スクリーンゴルフ」と呼ぶことが多い)で大会と同じコースを何度も練習したんです。それに子供の頃から面倒をみてくれた祖母が病気になってしまって、今、入院をしているので、良い報告をするためにも頑張ろうと……。


―― なるほど。それにしても白熱の展開でしたね。今日は途中からチョンさんがトップを走っていて、途中でチェさんに抜かされて。

チョンさん はい。一度、3パットをしてしまいました。


―― それで18番ホールではトップだったチェさんが2メートルくらいのパッティングを外してしまった。

チョンさん あれを決められたら終わっていたんですけど、外れたのを見て、優勝するチャンスが来たと思いました。絶対に自分はパットを決めて延長戦に持って行こうと思いました。


―― その18番はどんな気持ちでプレーしていたんですか。

チョンさん 18番ホールはグリーンに乗せる時に、残りが150ヤードだったんです。150だと風や下りなどの条件がなければ7番アイアンで打つんですけど、私の一番好きなクラブが7番。それでその7番がすんなりと打てたので、なんか良い予感がしていました。

シミュレーションゴルフのプロツアー「GTOUR」で初優勝!
プレイオフ中。一進一退の攻防に選手もギャラリーも固唾を飲んで見守りました。

―― 昨日は最終スコアが7アンダー。今日の最終スコアは3アンダーでしたね。昨日は攻めて、今日は少し他の選手の様子も見ながらという気持ちがあったんですか?

チョンさん そうですね、昨日はティーショット、セカンド、パッティング、全部良かったんです。それで2位だったんですけど、嬉しくて眠れませんでした(笑)。それで今日はバランスを崩すかもってちょっと心配しながらプレーしていて、上位の選手たちに食らいついていって、1打でも2打でもステップバイステップでちょっとずつスコアを良くしていこうという気持ちでした。


決め手は“攻略メモ”!?


―― 練習をスクリーンゴルフで行っていたということですが、どんな風に?

チョンさん 1番ホールから18番ホールまで、実際にラウンドして結果や経過を全部メモして記録として残しました。ティーショットなら例えばドライバーを打ってちょっとOBになったときとかは3番ウッド、アイアンを使うとか。どこのホールでどのクラブを使ってどう攻めるというのを全部ノートに書きました。


―― 実際、その攻略ノートを見ながらプレーしていましたね。

チョンさん そうです。あのノートを見ると安心するんです(笑)。他の人はあまりノートをつけるということはやっていないと思いますが、何人か私と同じやり方をしている人も知っています。でも自分が書いたノートが一番内容の量が多いという自信があります。今のノートは6回くらい書き直しました。

DSC_0361

―― どこで、どんな風に練習されていますか?

チョンさん 今、あるスクリーンゴルフの店舗でアルバイトをしています。お店がオープンする6時から12時まではお店の仕事をして、そのあとは初心者、中級者向けにスクリーンゴルフのレッスンをつける仕事もやっています。それで午前中はそれほどお客さんが多くないので、タダでスクリーンゴルフを使わせてもらいながら練習ができるんです。お店にスポンサードしてもらっているような感じです。けっこう集中的に練習できるので、スクリーンゴルフでの練習量は誰にも負けないくらいやっていると思います。


―― 実際のフィールドでのラウンドはあまりやらないんでしょうか?

チョンさん 今、KLPGA(韓国女子ゴルフツアー)の準会員で、3部ツアーには何度か出場したことがあります。でも両親が言うにはGTOURの方が私には合っているんじゃないかと。私もそう思うので、今回優勝もできたし、今後はGTOUR、スクリーンゴルフの方を集中してやろうと思っています。


―― パッティングはフィールドより、スクリーンゴルフの方が難しいと思うのですが、コツがあるんでしょうか?

チョンさん 私は逆だと思います(笑)。実際のグリーンでラインを読む方が難しい。距離もキャディーさんによって違いますし(笑)。スクリーンゴルフだとラインと距離が数字として把握できるので好きです。


―― スクリーンゴルフのパッティングを打つ時に頭の中で考えていることは?

チョンさん ラインと距離だけです。そして忠実に、正確に打ちます。

シミュレーションゴルフのプロツアー「GTOUR」で初優勝!

―― 通常のショットはちょっとフォームが変わっていますよね。テイクバックがちょっと浅めで、二段階で引いてからスイングするという。

チョンさん 癖なんです(笑)。ゴルフは父に習ったんですが、父はスムーズにテイクバックするので父からも何度も指摘されていて。去年、GTOURで4位になった時も、生中継があったんですけど、解説者の人もその話をしていました。それでテイクバックを治そうとすごく練習したらバランスを崩してしまって、4位以上になれなかったんですよ。それでまた元に戻したんです!


―― じゃあもうこれからは自分のフォームでやっていこうと。

チョンさん 今でも直したいです(笑)。


数字を見てやるゴルフは自分に合っている


―― ゴルフを始めたのは何歳だったんですか?

チョンさん 高校1年生です。父がめちゃめちゃゴルフ好きで、父の影響でゴルフを始めました。近辺に住んでいるおじいさんやお店のお客さんにも教えてもらって。高校時代に事情があって家計が苦しくなって、高校卒業してから大学への進学は諦めて、ゴルフ場でキャディを2年くらいやっていました。キャディを2年やったのに今でもラインを読むの苦手です(笑)。


―― GTOURに参加したキッカケは?

チョンさん 父が最初にGTOURのことを知って、教えてくれたんですね。個人的にはスクリーンゴルフって自信がなかったんですけど、やってみると数字やデータを見ながらプレーするのがしっくりときて、ちょっと向いているなと思いました。例えば、風が7だったら右か左に5メートル、方向を変えて打つとか。それが良かったのでスクリーンゴルフをたくさんやるようになって、GTOURにも参加したんです。


―― 家はテジョンからは遠いんでしょうか?

チョンさん はい、ここから車で2時間くらいかかります。ここへは父の車を借りて、1人で運転してきました。


―― 家で待っているご家族へ、優勝の報告は?

チョンさん さっき車で、電話をかけました。


―― 喜んでいらっしゃいました?

チョンさん はい、すごく。私が興奮しすぎてて「運転気をつけろ」と(笑)。


―― 優勝賞金(1千万ウォン=約100万円)は何に使いますか?

チョンさん 中学1年生の弟が前から「優勝したら自転車を買って」と話していたのでそれを買ってあげようかと。残りは、両親に預けます。


―― 今後の目標は?

チョンさん もともとあまり良い成績が残せていなくて自信がなかったんですが、自信がちょっとつくかなと。両親が言うようにGTOURに集中して、もっと練習もやって、頑張ってみようと思います。でもいつか3部ツアーの方もまた出て挑戦したいですね。


―― ぜひまた優勝に向けて頑張ってください。ありがとうございました。

KLPGA(韓国女子ゴルフツアー)で試合をこなしながらGTOURにも出場するという選手も多い中で、チョンさんは今回、GTOURに絞って練習し、攻略を練ってこの大会に挑んだとのこと。その甲斐もあり、粘りに粘ってプレーオフにまで持ち込んで優勝を手にしたのは本当にお見事でした。今後の活躍にも期待大!また、プロもアマチュアも交えたシミュレーションゴルフによるエキサイティングな戦いの面白さも堪能できた大会でした。