GOLFZON

COMPANY

会社概要

GOLFZON Japan

  • 会社名
    GOLFZON Japan 株式会社
  • 代表取締役
    今野晃広
  • 所在地
    • 本社
      〒169-0072
      東京都新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル2階
  • TEL
    03-6380-3903(代表)
  • FAX
    03-6380-3904
  • アクセス
    都営大江戸線「東新宿」駅北口 徒歩5分
  • 直営店
    ドライビングレンジ日比谷(東京都千代田区)
    ドライビングレンジ東新宿(東京都新宿区)
  • 資本金
    1億円
  • 従業員数
    40名
  • 事業分野
    ・ゴルフシミュレーター販売事業
    ・シミュレーションゴルフ店舗運営事業
    ・オンラインサービス事業
  • WEB
    https://www.golfzon.jp/
    https://www.company.golfzon.jp/
    https://www.drange.jp/

GOLFZON(本社)

  • 会社名
    株式会社GOLFZON(GOLFZON Co.,Ltd)
  • 代表取締役
    金 榮賛(キム ヨンチャン)
    (元サムスン電子株式会社システム事業部長)
  • 設立
    2000年5月8日
  • 所在地
    • ソウル本社
      GOLFZON TOWER SEOUL, 735, Yeongdong-daero, Gangnam-gu, Seoul, 135-953, KR
      TEL:+82-2-1577-4333
    • デジョン事務所
      40, Expo 97th Road, Yuseong-gu, Daejeon
      TEL:+82-2-1577-4333
  • 資本金
    18.4億円
  • 従業員数
    1,021名(グループ全体)
  • 事業分野
    ・ゴルフシミュレーター開発、製造、販売
    ・ゴルフラウンド施設、練習場、フィールドゴルフ場運営
    ・ゴルフポータル/メディアサイト、ゴルフ用品ECサイト運営
  • WEB
    http://www.golfzon.com/
GOLFZON Japan GOLFZON Co,.Ltd

GOLFZON Japan

WGTOUR JAPAN

GOLFZONシミュレーターによるトーナメント大会。
韓国では男子トーナメント「GTOUR(ジーツアー)」、女子トーナメント「WGTOUR(ダブリュジーツアー)」として2012年から開催、今年で8年目を迎えている。
現在では参加資格をもつツアープロ&ティーチングプロ約1,600名(男子1,300名、女子400名)が登録しており、賞金総額は韓国の2部ツアーより高く、10億ウォン(約1億円)規模まで成長。
「GTOUR」/「WGTOUR」とも、予選/決勝の大会形式で毎年開催。

日本では、ツアーでも活躍する期待の選手たちに対して新たな挑戦の場を提供し、またプロとファンの距離を縮める事を目的に、2017年12月に「WGTOUR JAPAN(ダブリュジーツアー ジャパン)」として初めて日本で開催。

都内で開催している唯一のシミュレーションゴルフトーナメント大会。
◆過去の開催実績
-WGTOUR Japan 2017 2017年12月9日(土)
-WGTOUR Japan 2018 2018年12月15日(土)

GOLFZON発祥の地韓国では『GTOUR(ジーツアー)』と呼ばれるツアープロが参加するゴルフシミュレーターを使った大会をGOLFZON主催で2012年から開催。

2013年から本格的にスタートした『GTOUR』は、現在では参加資格をもつツアープロ&ティーチングプロら約1.600名(男子1,300名、女子400名)が登録しており、賞金総額は韓国の2部ツアーより高い、10億ウォン(約1億円)の規模まで成長。
また、試合数も男女共にストローク部門とマッチプレー部門が4回、チャンピオンシップが2回と年間で男女合わせて計18試合を開催しており、最終日の様子は毎週日曜日にテレビで生放送され、平均視聴率もレギュラーツアーの約7倍と、大人気のコンテンツになっている。

大会の様子はこちら

日本高ゴ連の賛助会員として
新たなゴルフ環境を創出、教育活動を支援

高等学校及び中学校における教育活動の場に、「シミュレーションゴルフ」という新たなプレー環境を創出し、2020年2月には、日本高ゴ連初となる「第1回全国高等学校シミュレーションゴルフ選手権大会」に特別協賛致します。

大会を通じて、ゴルフゾンが世界に誇る米LPGA公認のゴルフシミュレーターでの実践的なラウンドや、ショットデータ分析などの機能を体験してもらうことで、技術力の向上をサポートいたします。

次世代ゴルファーの育成と拡大に寄与し、誰でも気軽にゴルフを楽しみ、学ぶことができる環境を日本高ゴ連と共創していきます。

「第1回全国高等学校シミュレーションゴルフ選手権大会」(仮)
開催概要:2020年2月1日(土)、2日(日)
会場:ドライビングレンジ東新宿 www.drange.jp/hs/

競技方法:18ホールストロークプレー、ハンディキャップ2部制
特典:韓国ZOIMARU開催、シミュレーションゴルフ大会に派遣(予定)
※日程、内容など一部変更になる場合がございます。

GOLFZON Co,.Ltd

総合ゴルフ施設「ZOIMARU」

”ZOIMARU”は、世界初のゴルフをテーマとしたテーマパーク、複合文化センターとして韓国の中部地方に位置するテジョン(大田)広域市に2015年オープンいたしました。

総工費は70億円、約1万坪の土地代は40億円。
白を基調とし、曲面とガラス張りが印象的な2つの形の異なるビルと、プール、噴水広場などの周辺施設。
ビルの前にはオープンスペースに造成されたショートホールがあり、そしてドライバーを構える巨大な銀色の”ゴルフ像”がメインのモニュメントです。

ここはGOLFZONならではの技術力を生かしたゴルフのトータルソリューションを提供する場であり、ゴルフ文化を広げていくことが目的とされており、施設内の大会専門競技場では、シミュレーションゴルフプロツアー「GTOUR」など、様々な大会も行われています。

ZOIMARUの「ZOI」は楽しさや喜びを意味する「JOY」のスペルを変えたもの、MARUは韓国語の昔からの表現で「頂点」を意味するそうです。
ZOIMARUとは「究極の楽しさ」という意味です。

独創的な外観を持ち、テジョンエリアの新しいランドマークとして、ゴルフが好きな人にとどまらず、ファミリー層など様々な人に憩いのひと時を過ごして頂けます。

エリートアカデミー

世界的なプロゴルフ選手を目指す若い優秀な選手たちにZOIMARU内のトレーニング施設を活用してもらい育成をするプログラムです。

フィジカルを鍛えるフィットネス施設、GOLFZONが開発したシミュレーションゴルフ技術を応用しトレーニングマシンとして最適化したインドア練習・レッスンに特化した新世代ゴルフシミュレーターGDRや、IT技術を駆使した選手一人一人のデータをもとにした効率的な訓練や体系的な管理を行うためのメソッドを駆使して、10代から20代前半の選手たちがゴルフ技術とメンタルを磨いています。

育成メソッドは、あくまでも基本に忠実。
技術面は、スイング矯正を最も重要としています。
また、平均飛距離、フェアウェイキープ率やパーオン率といった主要データを、世界で活躍するプロと比較・分析をして、弱い部分をトレーニングします。
飛距離の向上や、遠征や連戦でも一貫したパフォーマンスを発揮できるフィジカルやメンタル面を鍛えることも欠かせません。

また「GOLFZONスマートケア」というアプリを政府の支援金を受けて開発し、選手の個人データを分析するプログラムとして健康診断や体力測定の結果をすべてデータベース化し、筋力や体脂肪率、心肺機能などを見てどこに弱点があり、どう強化していけばいいか、あるいは怪我などどこが故障しているのかをいつでもスマホなどで確認ができます。

ITを駆使したトータルゴルフソリューションで、1人でも多くの世界的スターを輩出することで、エリートアカデミーのプレゼンスそのものの向上を目指しています。

導入をお考えのかたへ