GOLFZON

TOPICS

最大限に飛距離を伸ばしたい!「ドローボール」について解説

ドライバーで思うように飛距離が出せなかったり、頻繁にスライスしてしまうなんて方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがドローボール。

ドーローボールを習得することがゴルフ上達への近道とも言われています。

ドライバーでの飛距離が伸びるのはもちろん”少しでも良い位置で次のショットに繋ぎたい”なんて場合にも効果的。

本記事ではそんなドローボールについて、習得するメリットから打ち方までわかりやすくご紹介します。

1 そもそもドローボールとは?

ドローボールとはターゲットラインに対して真っすぐ、もしくは右方向に打ち出されたボールが空中で左にカーブしてターゲットライン付近に戻ってくる弾道のことです。

なぜボールが空中で左へに曲がるのかというと、その原因はフェースの向き。

”インパクトでスウィング軌道に対してフェースが左を向いている”つまりフェースが閉じているため、打ったボールの回転軸が左に傾いて左へと曲がるのです。

風の影響や障害物の位置を考慮したうえで、自在にドローボールが打てるようになると戦略の幅が広がります。

ドローボールが得意なゴルファーの中には、落下して30ヤード近く転がって距離を稼ぐボールを打つ方もいるそうです。

ゴルフを始めて間もない人や、なかなか上達しない人を悩ませるスライスの防止にもドローボールが一役買うことがあります。

スライスで打ったボールは右手側に曲がってしまうため、ドライバーでの飛距離を稼ぐことができません。

アウトサイドインのスイングやフェースが開いた打ち方などが原因で起こるスライスは、多くの初心者が陥りがちなミス。

ドローボールはスライスがかかりにくいとされる打ち方でスイングするため、スライス予防に効果があるとされています。

2 ドローボール習得のメリット

ドローボールの習得のメリットは下記の2点。

  • 飛距離のアップ
  • スライスの防止

飛距離がアップすることがドローボール最大のメリットです。ドローボールを打つにはボールにパワーが伝わりやすい打ち方が必須。

つまり上達と共にボールを強く叩けるようになることが飛距離アップの理由とされているのです。

またボールにトップスピンがかかることも、ドローボールが飛距離を伸ばせる要因の一つ。

トップスピンがかかったボールは空中で失速しにくいだけでなく、地面に到達してからよく転がります。

3 ドローボールを打つためには?


ドローボールを上手く打つためにはポイントをしっかり押さえた上で、ボールに向き合う必要があります。

打ち方を頭で理解してから練習した方が効率的。まずは理論を学びましょう。

今回は3つのポイントに分けてドローボールの打ち方を解説します。

  • 切り返し
  • グリップエンドの位置
  • 押し込み

3-1 切り返し

ドローボールを打つときに意識したいのが、切り返しからのクラブの軌道です。

ゴルフのインパクトまでのスイングは、クラブを手前に引くバックスイングとダウンスイングという2つのフェーズに分けられます。

切り返しとはバックスイングとダウンスイングが切り替わる瞬間のこと。

そんな切り返しの時点でクラブをどのようにスイングするか決めておかないと、クラブの軌道がブレてしまいます。

ドローボールを打つ場合、ストレートからインサイドアウトのスイングを意識して切り返しましょう。

そして切り返しの際に顔を右に向けたままにすると肘が身体から離れることなく、正確なドローボールを打ちやすくなります。

3-2 グリップエンドの位置

ドローボールを打とうと練習を繰り返しても、ボールがスライスしてしまうことがありますよね。

そんなときはグリップエンドの位置に注意してみましょう。

スライスしてしまう人の中にはグリップエンドの位置が安定していない人が多く見られます。

ドローボールを打つ際には切り返しからそのままの勢いで、グリップエンドを前に動かすことが重要です。ダウンスイングを意識しすぎるあまり、グリップエンドが下がるとダフる要因になってしまうことも…。

ダウンスイングの際に上半身は前傾しているので、グリップエンドを斜め下に押し込みましょう。

前に押し出すイメージを意識したスイングをしてください。

3-3 押し込み

ドローボールを打つ際に一貫して守りたいのが押し込む動作。

腰の回転を使ってクラブを振るのがゴルフの基本ですが、ドローボールの場合は手で押し込む動作も取り入れる必要があります。

切り返し後のダウンスイングで肘を押し込むイメージでクラブを振ると、身体が開くのを防ぐことが可能です。

身体が開くとボールがスライスしやすくなるため、予防するために肘を押し込みましょう。

さらに飛距離を伸ばせるのも押し込む動作のメリットです。

押し込んでからボールをインパクトするとボールに力が伝わりやすく、トップスピンがかかってパワーが乗ったドローボールに近づきます。

まとめ

今回はドローボールについてご紹介しました。

ドローボールとはターゲットラインに対して真っすぐ、もしくは右方向に打ち出されたボールが空中で左にカーブしてターゲットライン付近に戻ってくる弾道のこと。

そんなドローボールを習得するメリットは、飛距離アップとスライスの予防の2点です。

切り返し、グリップエンドの位置、押し込みの3つのポイントを意識して練習してみましょう。

身体が開くことを防ぎ、押し込む動作を意識しすることが、ドローボールを習得する近道です。

初心者の方はプロや上級者の技を目指し、チャレンジしながら練習に邁進しましょう。