GOLFZON

TOPICS

初心者が迷いがちな、ゴルフボールの正しい位置について

初心者の方は、ボールの位置はどこにすればいいのかと迷ったことはありませんか?

クラブの長さは違うのに、毎回同じ場所に置いていいのか、ボールの位置に関して疑問を持っている方も多いはずです。

本記事ではゴルフボールを置く正しい位置についてご紹介します。

1 正しいボールの位置とは?

ボールを置く位置には2つの考え方があります。

ひとつめは近代ゴルフの父と呼ばれる「ベン・ホーガン」の”クラブに関わらずボールの位置は常に一定”という考え方。

ふたつめは「タイガーウッズ」の”ボールの位置はクラブによって変化させる”という考え方です。

「ベン・ホーガン」の考え方では、左足のかかと線上がフルスイングするためにベストなボール位置とされています。ゴルフクラブによってボールを置く位置を考える必要がありません。

いつも一定の位置にボールを置くため、セットアップは非常に簡単。ゴルフ初心者の方におすすめです。

左足側にボールを置くと体がかぶってしまうなんて場合は、少し真ん中に寄せてみましょう。

2 クラブごとのボールの位置

ボールの位置をクラブによって変える場合は、身長や体格・クラブの形状も考慮する必要があります。

”正しいボールの位置はここ”というものはありませんが、基本的なボール位置やスタンスを押さえておきましょう。

自分のスイングにマッチする位置を模索するのも一つの手です。

それではクラブごとにみていきましょう。

2-1 ドライバー

ドライバーの場合は「左足かかと」か「つま先」の線上にボールを置きましょう。

ボールを左足寄りに置くことでアッパーブローでボールを捉えられ、クラブのしなりを効果的に利用できるんです。

クラブが長い場合は左側、短くなるほどスタンスの真ん中よりへと変化します。

  1. 足元がフラットの場合、左足からボール1~2個右へ。
  2. ボールとの距離は、ヘッドを地面に置いた時に先端が少し浮くくらい。
  3. 両つま先を結ぶ線は、肩やスタンスのラインをボールとホールを結んだ線に対して平行になる構えを守る。
  4. 左足が右足より前ならクローズド、その反対はオープンスタンス。

振り遅れでスライスやボールが上がりきらないなんて方は、ボールを少しだけ左足の外側に置いてみましょう。

2-2 アイアン

アイアンの場合はクラブが短くなるにつれてボールを左足から右足へと近づけ、ボールとプレーヤーの距離も近づけましょう。

距離はライ角ピッタリではなく、すこしトゥが浮いたくらいが一般的です。

ダウンブローで上から打ち込みたい時や左足下がりなどの傾斜地では、角度の大きさによってスタンス幅を調整してみましょう。

2-3 ウェッジ

距離が短いショットの場合は両足の間隔は狭くとり、ボールも中心から右へと移動しましょう。

状況によっては右足よりも外にボールが出るケースもあります。

ボールを左に置くのは、クラブのリーディングエッジが先に地面をヒットしてしまうのを防ぐためです。

チップショットを打つ場合はさらに両足の間隔を狭くしてもOK。

下半身を固定するために右足よりも左足を後方に下げ、オープン気味に構えましょう。

3 アプローチの時は変わる?

3-1 高い球を打つ場合

ロブショットのような高くボールを上げるアプローチの場合、両足の中央よりやや左寄りの位置にボールを置きましょう。

高くボールを上げるためには、クラブヘッドはボールの真下を通過する必要があります。

ボールの下にクラブヘッドをくぐらせるイメージで、普段よりも低い軌道でスイングしてみましょう。

低い球を打つ場合

アプローチで使用頻度の高いランニングアプローチ。

そんな低い球を打つ場合は両足の中央よりやや右寄りの位置にボールを置きましょう。

アドレスの時点でロフトを立たせておくことで、スイング軌道の最下点直前でボールを捉えることができるんです。

ボールと地面の間を打つイメージでスイングしてみましょう。

また、より低いボールを打ちたい場合は、さらにボールを右に置いてください。

4 パターの時は

パターでのボール位置はゴルファーによって個人差はあるものの、左寄りが最も一般的。

”パターでボールを置く位置は左目の真下”なんてよく聞きますよね。

そしてパターの際に大切なのが、ボールを置く位置は常に一定にしておくことです。

初心者ゴルファーは左目の下を基準に、自分にとってベストなポジションを見つけたら常にその位置にボールをおくようにしてみましょう。

まとめ

今回は初心者が迷ってしまいがちなボールを置く位置についてご紹介ました。

ゴルフボールを置く位置は”常に一定の位置に置く”と”クラブによって変化させる”の2つの考え方があります。

セットアップが簡単で迷いにくいため、初心者ゴルファーはボールを常に左足のかかと線上に置くのがおすすめです。

クラブごとにボールの位置を変化させる場合はぜひ、本記事を参考に自分のベストポジションを見つけてみてくださいね。